更年期になって思う。夜更かしは後悔します。

母でもなく、妻でもなく、私だけの時間。
一日の仕事や家事が終わって、
やっとひとりの時間を過ごせるのは0時半過ぎ。

私にとってこの時間は、とても大切な時間です。

親子喧嘩が絶えなかった頃は、
とにかく夜寝る前にひとりの時間が欲しかったです。

だってクサクサしたまま寝るなんて、
精神衛生上よろしくないでしょ?(笑)

音楽を聴きながら牛乳多めのコーヒーを飲みたいんです。
パソコンをいじくったり、テレビを見たりのんびりとね♪

そうそう、
ママにだってご褒美を」の記事でのご褒美は
この時間に食べてました。

思春期・反抗期と闘うママにご褒美を!
思春期や反抗期の子育てって本当に大変! どれほど毒を吐かれてきたことか!! 私はすぐにカーッとくる超瞬間湯沸かしタイプなので、衝突も...

太るはずです(-“-)

スポンサーリンク




大切なこの時間は、明日へのリセットにもなるのですが、ホントは早く寝ないといけないみたいです。

心も体もフルに動かしたんだから、
本当はすぐにでも休ませなきゃいけないのに、
私の場合、どうしても「ひとりの時間」が必要でした。

子供とバトルした時、
そんな夜は特にゆっくりとひとりで過ごしたかったのです。

でもそんな生活リズムは、
自律神経を乱すことになるのでよろしくないのです!

交感神経は休みたいのに、
なかなか寝ないから副交感神経の出番が遅れるのです。

自律神経の乱れは、ホルモンバランスに悪影響を与えます。

ホルモン分泌も自律神経のバランスも、
脳にある視床下部からの指令で働きます。

だから一日たくさん働かせた脳は、
早く寝かせてあげないといけないんです。

でも私は4,5年間くらい、
この夜のリセットタイムが止められませんでした。

きっとこの期間のツケが回ってきたんだと思うのです。
蓄積されてきた不安定な生活リズムは、
こうやって必ず体に現れるんです。

原因があるから結果がこう出る…、
時すでに遅し。

だから更年期も早く来ちゃったのかな(涙)

このブログを書いていると、
反省することがいっぱいです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする