思えば40代手前頃から不調だったんだ①

体調不良に悩む40代 更年期の症状だったんだ

こんにちは、raraです。

40代の手前頃から感じていた体の不調を
このブログで振り返ってみたいと思います。

もし体の不調や心の揺れに悩んでいたら
気分転換程度に読んでみて下さい♪

私もいろいろな方の体験談を
たくさん聞いたり読んだりしました。

スポンサーリンク

こんな不調を感じていました。

  1. 疲れが半端ない!
  2. 一日中だるい!たまらなく眠い!
  3. 気が付けば生理周期がばらばら!
  4. 体重の増加が始まっていた!
  5. ときどき心臓がバクバクする!

当時39歳。
思いつくのは上記のようなことでした。

今、この内容を見れば
「もう始まってたね」と言えますが

当時はまったくわからず、
更年期だなんて思いつきませんでした。

 

だから苦しくて悩むんだよね。

何が原因だかわからずに
右往左往している時間が一番つらかった。

苦しくて悩める長い長い時間でした。

この不調っぷりを誰に話していいのか?
話したところで信じてもらえるのか?

 

「気のせいだよ」とか
「神経質だよ」とか
絶対に言われたくなかったのです。

 

私の場合、
小出しに友達に話していました。
そしてこんな会話がありました。

「raraちゃんの体調、
うちのおばあちゃんが心配しているよ。
病院行ってみぃ」

友達からのこの一言が
心に響いたことを今でも覚えています。

 

そして39歳の私。
不調の原因を見つける旅が始まったのです。

そうです。
更年期と診断されるまでの長い旅です。

でも悲しいことに
どんどん迷走にしていくのです(泣)

つづきは次回に☆


 

コメント