更年期体験談・40代rara日記

    毎日眠くてだるい。おまけに疲れやすい。一体これって何なんだろう?実はもう始まっていた更年期の症状。raraの悩める日々を綴っています。

妻の更年期障害を受け止めてくれてありがとう㉘

time 公開日:2017/10/15
更新日:2017/12/04

妻の更年期障害を受け止めてくれてありがとう㉘

すでに更年期の症状が始まっていたことを
なんとか夫に伝えることが出来ました。

よく「妻の更年期障害で…」という
ネガティブな話題を見聞きしていたので

伝えるということに
いいイメージがまったくありませんでした。

だからとてもこわかったです。

伝えなくてもいいのかもしれないけど
黙っていられないのも私。

更年期が始まっていたのも私。

隠していたって仕方ない。
話してしまえ!(笑)

半ばやっつけ仕事風に話しましたが(笑)
結果、不思議と落ち着くことが出来ました。

そして
いつも肝心なことをうまく言えない夫から

更年期の話してよかったと思えるメールが
落ち着きを取り戻した頃に届きました。

sponsored link

伝えることってやっぱり大事。
この先も夫婦でいたいから。

長いこと夫婦やっているんだから
私の思っていること、わかるでしょ?

または
俺の思っていること、わかるだろ?

たしかに、たしかに
そう思うことあります!あります!

察しろよ!
ってことですよね(笑)

でもね、

肝心なこと、節目になることは
お話した方がいいって今回実感しました。

日常のケンカでの
察しろよ!はいいと思うけど(笑)

メールには更年期だと伝えたことに対しての
労いの言葉がありました。

それから
「驚かないよ」って言葉がありました。

そして
「今までと変わらないよ」なんてありました。

ありがたかったです。
ほっとしました。

もし伝えなかったら
きっと悶々としてイライラしていたと思う。

伝えられないくせに
勝手に自爆しちゃっていたと思う(笑)

コレ↑
想像できちゃうからイヤだわ!

更年期を迎えたってことは
老いを意識していくことだと思うんです。

だって間違いなくおばさんから
おばあちゃんになっちゃうんだもん(笑)

今までなんとか夫婦して来れたんだから
更年期という人生の節目を共有することも

悪くないんじゃないかな~

更年期は女性にとって
いいイメージではないもんです。

でも、来る。
仕方ない、仕方ない。

私達夫婦は
こんな感じで更年期を受け止めたけど

夫婦それぞれ
いろいろな受け止め方があるんだろうな(*^^)

ひとつの節目を受け止めて
私達夫婦にも変化が訪れるのです。

つづく~。

sponsored link

   sponsored link