更年期体験談・40代rara日記

    毎日眠くてだるい。おまけに疲れやすい。一体これって何なんだろう?実はもう始まっていた更年期の症状。raraの悩める日々を綴っています。

女性ホルモン検査・エストラジオールの低い数値でわかったこととは㉔

time 公開日:2016/11/28
更新日:2017/12/04

女性ホルモン検査・エストラジオールの低い数値でわかったこととは㉔

前回の投稿で更年期と診断された
出来事を書いたraraです(^^ゞ

とてもショックだった当時の心境を綴りましたが
今はしっかり受け止めて落ち着いています(^^)

今でも思うことですが、
数字(数値)ってある意味こわいです。

はっきり線引きされたような気がして
正直、胸に突き刺さる衝撃を受けました。

命に関わる大変なことではないけど
みんな通る道なのかもしれないけど

でもやっぱり、
悲しいって気持ちがあふれました。

さて、
その衝撃的な数値とは??

sponsored link

女性ホルモン検査・基準値より低い数値に
ちょっと気持ち、やられました。

私の女性ホルモン検査の結果は悲しいモノでした。
結果から言っちゃうとすっからかん(-“-)

女性ホルモンのひとつ
エストロゲンに含まれるエストラジオールの
数値が5.0pg/ml以下になっていました。

このエストラジオールは
卵胞期・排卵期・黄体期・閉経期
それから妊娠期などなど

それぞれの期に基準値があるのですが、
5.0pg/mlが当てはまる期なんてないんです。

閉経後の参考基準値は18pg/ml
私は5.0pg/mlという結果。

ありきたりの感想かもしれないけど
女じゃなくなっちゃったんだって

本当に思いました。

痛かったです。胸が。
熱かったです。目の奥が。

本当の出来事です。
しんみりしちゃいましたね(^^ゞ

 

さて!
上記の女性ホルモン検査の結果のことは
rara的な解説なので(笑)

詳しいことは専門のサイトや
もちろん病院で聞くことをオススメします!

そしてここから
ホルモン補充療法(HRT)が始まりました。

つづく~。

更年期と診断されたことを夫に話す勇気㉕
38歳から始まった体の不調。これが更年期によるものだったと診断されたわけですがこのことを夫に話さなきゃ!と思うと同時にこれ、話さないといけないのかな?言わなくてもいいんじゃない?という、一瞬気が遠の...

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


   sponsored link