動悸がする。息切れ・息苦しい症状に悩んでいた頃③

2018年12月7日

自己判断ではありますが、
イライラが増加したのは
生活が大きく変わったせいかもしれません。

過去のスケジュール帳って残しておくと役立ちます。
40代過ぎたら甘い思い出より健康管理として(笑)

そしてこの頃から
さまざまな不調が次々とやって来てました。

スポンサーリンク

更年期の症状のひとつ・動悸

急に胸がドドドッと鳴り出し始めたのは、
もうすぐ40歳になる頃でした。

まるで体の中から
ノックされているような振動。

常にドドドッってわけではなく、
ふいにやって来る動悸に悩まされました。

多少の息苦しさも感じていました。

 

気になりだしたらキリがないのですが
手首の脈を触って確認してみたり、
動悸が来る時の行動をチェックしてみたり。

でもこんな風に気にしすぎているから
いけないのかなと悩んだり。

 

私が原因として思いついたのは
タバコを止めたことくらいでした。

思ってた以上に簡単に
すっぱり止められたので助かりました。

だから「禁断症状??」と思ったのです。
安易でしょ??(汗)

 

そんな自己判断やネットやらの情報に振り回され
自分で自分を病気にしちゃう始末。

これがホントにいけない!

悩んで迷った末、
思い切って病院に行ってみることにしました。

これがまた出費につながる(-“-)
でもじっとしていられなかったのです。

24時間心電図をやってみたけどさ~

さっさと先に言っちゃいます!
重大な「病」ではございませんでした!

 

まずは循環器内科へ行き
24時間の心電図をやることに。

心臓が「ドドドッ」とするたびに
「記録して!」なんて思ってたのよ(笑)

笑っちゃうけど
でもね、当時は必死でした。

「これで原因がハッキリする!」と
一瞬気持ちが晴れたのですが…。

 

あー、そーだ。
この時も主人は長い出張中でしたね。

案外いないとダメだったんだな~と
懐かしむ現在の私(笑)

 

そしてお医者さんからは
こんな風に言われました。

はい、どこも悪いところはありません!
って。

 

もうね、当時は
被害妄想の塊でしかなかったと思うんだよね

お医者さんのさらりとしたこの一言が
グッサリ心に刺さったの、覚えてます。

 

きっと気にし過ぎって思われてるんだ!
…と、変に解釈するアホな私。

もうここには来ない!!
…と、勝手に怒る私。バカだよぉ。

どんどん空回りしていく受診の繰り返し。
不安だけが残る結果ばかり。

 

ここで「更年期では?」と言ってくれれば…。
って、心底そう思っちゃう…。

この時に生理不順に気が付いていたら
違ったていた?…とも思うのです。

もしかしたら「また婦人科かな~?」と
思い付いたかもしれません。

 

卵巣嚢腫のことが頭から離れ
放っておいてしまったのもこの時期。

 

40歳の入り口はとても大事です。
実感です。はい(涙)

http://kounenki-days.com/?p=135

 

スポンサーリンク